RPAを導入して会社の生産性や経理業務の効率化|インプラス

オフィス業務の「自動化」で実現できること

営業力・収益力アップ

やってもやっても利益が残らない貧乏体質を変えてくれました

採用・人間関係を改善

月末月初のピリピリ感に耐えられず人が辞めていく会社を変えてくれました

仕事の質・スピードUP

客からもっと急げ!と催促されていましたが変えてくれました

時給166円!オフィス業務のロボット化が広がっている

業務ロボットをカンタンに作れる技術をRPAと言います。ここ2年ほどでオフィス業務を中心に、人手不足の特効薬として広まっています。

RPAは、業界・業種問わずオフィス業務の生産性向上に大きな効果が見込めます。人件費と比べ「労働コスト」もかなり安くなります。

ただ、RPAに向いている業務のやり方をしている企業とそうでない企業があるので無料セミナーや事前調査をおすすめします。

自動化で作業のミスが減る

集中力がいるような作業でもロボットならミスをしません。安定した業務クオリティが保証されます。

ロボットは素人でも作れる!

業務の自動化というと専門知識が必要かと思われますが、素人の事務員でもロボットで業務を自動化できます。

約50%はロボットで業務可能!

オフィス業務の約50%は定型業務が占めます。この業務を低コストなロボットで処理させれば、少ない人数でより多くの業務をミスなく処理できます。

<< RPAで業務を自動化した活用事例 >>

RPAロボはあらゆる業務で社員をサポートし、組織のパフォーマンスを高めます。

えっ!ここを自動化するの?と思った方には、ぜひ「RPA入門書シリーズ(全5巻)」をご覧ください。

RPA活用事例をもっとみる