「新人育成のマニュアル作りに悩んでいる」
「どのようにマニュアルを作ればいいか知りたい」
新人を育成するためのマニュアルを作りたいけど、作り方がわからないという方もいらっしゃるかと思います。
マニュアルをどうやって作ればいいか気になりますよね?
この記事では、そんな方のために、新人を育成する際のマニュアルの作り方を紹介します。

□新人育成マニュアルの作り方


マニュアルは業務形態にもよりますが、基本的にはオンライン上に作ると共有もしやすいので、オンライン上に作るのがおすすめです。
また、全部読まなくても検索で必要なところだけ読めるので、便利で効率がよいでしょう。
さらに、変更がある場合はすぐに変えられます。
以下では、作り方のステップを紹介します。

*仮マニュアルを作る


まずは何個か自分でマニュアルを作ってみましょう。
どれだけわかりやすくできるか試行錯誤をしていくうちに、新しい発見があるかもしれません。

*フォーマットを決める


フォーマットはしっかり決めておきましょう。
フォーマットがないとマニュアルが見にくくなってしまい、効果を十分に発揮できなくなってしまうからです。
新しく書き換えたり別の人が作ったりする際も、フォーマットを決めておくと統一感のあるマニュアルができます。

*マニュアルのマニュアルを作る


フォーマット作りに近いところもありますが、マニュアルの作り方をマニュアルにしておくことで、時間を短縮できます。
マニュアル作成はとても骨が折れる作業なので、それにマニュアルがあると効率が良くなります。

*ベテランに任せる


ベテランの社員に最初は作ってもらいましょう。
業務内容などの土台となるものがないと、作りだすのにも時間がかかり改善に時間をさけません。
そのため、改善する時間を作るためにも、ベテランにマニュアル作りを任せましょう。
改善する時間があるとマニュアルのレベルが向上し、新人や業務のレベルも上がっていきます。

*更新


業務の仕方、システム、規則などが変わるごとにマニュアルも随時変更、改善していきましょう。
更新していかないと、せっかく作ったマニュアルも無駄になってしまいます。

□まとめ


この記事では、新人を育成する際のマニュアルの作り方を紹介しました。
是非この記事を参考にマニュアルを作ってみてください!

当社は、会社の生産性や経理業務の効率化を専門としたRPAソフトの販売店です。

オフィスの単純業務の自動化とコストカットを実現します。
当社ではプライベートスペースもあり、こみ入ったご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。