「新人育成に悩んでいる」
「コーチングでは何をすればよいのかわからない」
「コーチングについて知りたい」
新人の育成に苦戦しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
コーチングと言う言葉を聞いてピンと来ない方は多いかと思います。
この記事では、そんな方のために、新人育成のために必要なコーチングについて解説します!

□コーチングとは


コミュニケーションの中で、相手の話をしっかり聞き、時に道しるべを提示してあげることで心の奥にある答えを出し、目標を達成させるためのスキルです。
コーチングには3つの基本があり、双方向、現在進行、個別対応であることです。
コーチングのCoachとはもともと馬車という意味で、そこから派生した言葉です。
昔、馬車は人を送るのに使われていたことから、他者をサポートするという意味で今は使われています。

*メリット


コーチングのメリットは、自分で考える力がつき、さまざまな場面で応用できるようになることです。
また、内面を引き出すので今まで隠れていたポテンシャルを発揮できます。
自主性や積極性を求めている場合や、結果ではなく過程に重きを置いてほしい場合などに有効です。

*デメリット


コーチングのデメリットとしては、その効果が出るまでにどうしても時間がかかってしまうことです。
また、コーチングは基本的に1対1で行うものなので大勢を同時に相手にするのは難しいです。
そのため、コーチのスキルがないときちんとした対応もできずに終わってしまう可能性があります。

*ティーチングとの違い


ティーチングは答えを導き出すサポートをするのではなく、知識やスキルを直接教えます。
コーチングに比べてかかる時間が短く効率的ですが、自分で考えることをやめてしまう可能性が高いです。
また、ティーチングは一方的でモチベーションが低下しやすく受け身になりがちですが、1対多で行えるので効率はよいです。

□まとめ


この記事では、新人育成のために必要なコーチングについて解説しました。
コーチングにはスキルが必要ですが、目標達成のサポートをし、相手のポテンシャルを最大限に発揮できると優秀な人材を育成できます。
是非この記事を参考にしてみてください!

当社は、会社の生産性や経理業務の効率化を専門としたRPAソフトの販売店です。

オフィスの単純業務の自動化とコストカットを実現します。
当社ではプライベートスペースもあり、こみ入ったご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。