オフィス業務を自動化。こんな悩みを解決できる!

みなさまは業務の自動化(RPA化)で、何を解決したいのでしょうか?
RPAは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略語。PC操作をロボットが代行してくれるITツールです。開発スキルが不要で現場の担当者がロボットを作り、業務を自動化できるという点が優れている。また、今後どこの会社も直面する、人口減少による人手不足の解決の手段として期待されています。

・人手不足をなんとかしたい
・ミス・クレームを減らしたい
・業務のスピードアップをしたい

・社内の人間関係を改善したい
・残業の負担を減らしたい

・中途採用を増やしたい
・コミュニケーションの活発化
・新規顧客を増やしたい
・スキルのバラつきを解消したい

・社内の雰囲気を良くしたい
・離職率を下げたい
・会社の収益を高めたい

オフィス業務にロボットを導入し、手作業から自動化することで解決できるかもしれません。ロボットを活用した、オフィス業務の自動化はここ2年前から広がっており、中小企業でも採用され実績を出しています。

↑これだけで、年間1000万円以上の導入効果です。
RPAを活用すれば、今まで手作業だった部分を自動化でき、生産性を高めることができます。

はじめまして、自動化マニアです。

インプラス代表の松尾大造と申します。当社は、オフィス業務を素人でも自動化できるRPAツールを販売している会社です。

私の業務自動化のキャリアは10年前にはじまります。当時私は50人前後の小さな印刷会社を経営しており、業務自動化のおかげで最終的に営業利益10%超え、残業ほぼなしを実現しています。

自他共に認める「自動化マニア」です。

2003年の創業から5年ほどは、忙しいが儲からない中小企業でした。1人あたり100時間を超える残業をしても利益は出ませんでした。社内には重い雰囲気がいつも漂っています。

業務を自動化していくと、仕事のクオリティ・スピードが飛躍的に向上。繁忙期でも残業がなくなり、笑顔が増え、社内の雰囲気も明るくなりました。たくさんのプラスの歯車が回りはじめ、利益が残る会社へと変貌していきました。

このような経験・実績を踏まえてお伝えしたいこと。それは

「限られた資源の中でやりくりする中小企業において ”業務の自動化=RPA化” は、必ず導入するべき戦略」

ということです。

このサイトで得られること

当サイトには、RPAツールを使ったオフィス業務の自動化のコツや、活用事例を掲載しています。御社で業務自動化をご検討される情報としてお役立てください。

大きく2つコンテンツをご用意しました。RPAツールの選び方や使い方をご紹介している「RPA入門書:全5巻」と、自動化したロボットが実際の業務をおこなってい動きが見える「RPA活用事例(動画付き)」の2つです。これらは全て無料で利用できます。

このほかにも、各社からRPAセミナーや、合同展示会が各地で行われておりますので、幅広く情報収集して、御社の生産性向上を実現してください。

今、RPAは大企業が先行導入して成果を出している段階といえます。そのためRPAの導入手順や活用事例のほとんどが大企業のものばかりですが、中小企業でも同様に短期間で効果を実感することができます。

これなら社内で使える!RPA導入事例

当サイトにはできるだけ現場に近い「RPA活用事例」を掲載しています。RPAロボの動きや操作、ページ推移が分かるように「動画」にしておきました。ぜひ、現場の方たちと一緒にご覧ください。参考リンク:RPA活用事例一覧

はじめは

「おもしろーい!」
「へぇ~、時代は変わっていくねー」

からはじまり

「おいおい、これスゴイなぁ、、、」
「全部自動で動いているの??」


となります。さらにいくつかの動画を見ていくと
次第に・・・

「あっ、うちの部署にも似たような業務ある!」
「これがRPAでできるなら、あの面倒な作業も・・・」

という声がチラホラと聞こえ始めます。←これウソみたいな本当の話しです。やってみてください、必ずこの反応になりますから。

さらに、当サイトで紹介している「あるあるパターン」や「操作カテゴリ」を共有することで、さらに良い結果を期待できます。

こちらは別記事(入門書4)で詳しくご紹介しています

最後にお伝えしておくこと

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。嬉しい気持ちでいっぱいです。

感謝します。

RPAを上手に活用することで「社員満足」や「顧客満足」を高めることができます。これは全ての人の願いに通じるものと思います。

そして、RPAは誰も犠牲にすることなく、会社に「収益」をもたらしてくれるITツールです。

自ら、何かにチャレンジしようとしている人にとって、私たちの経験が問題解決の手助けになれば幸いです。

インプラス株式会社
代表取締役 松尾 大造

次はコンテンツ一覧ページをご覧ください。

当社が提供している 「5つのRPA戦略」「これなら使える!RPA活用事例」の中身が一目瞭然です。まずは、あなた気になる記事をチェックしてみてください。