社内の人材育成に苦戦している方はいらっしゃいませんか?
そんな皆さんにおすすめしたいのが、OJTという社内人材育成手法です。
OJTとは、職務現場における実務と並行した研修のことをいいます。
そこで今回は、OJTについての詳細とOJTによる研修のメリットとデメリットの説明をしていきます。

□OJTって何?

OJTとは、On the Job Trainingという英語の略称です。
集合研修やセミナーなどの人材育成にかける時間やコストがないとき、その業務に携わる人を指導者として新たな人材が戦力となるよう育成するための研修です。

□メリット

*社外研修より効率的である

OJTは職場を離れずに行われるので、研修と実務に乖離が生じず、効率的であるといえます。
学んだことがどのように自分の業務に活かすことができるのか考えることができます。

*新人のニーズに合わせられる

OJTでは、新人ができること・できないことに応じて柔軟な研修を行うことができます。
また、毎日の業務の中で継続的におこなう研修になるので、新人の疑問や不安をその場で解決することができます。

*指導者も成長する

OJTでは指導者の成長も見込めます。
指導する人は、いつもしている業務を言語化して人に歌える必要があります。
自分の考えをまとめて誰かに教えるという行為は、頭の中を整理することができるとともに理解度も高まります。
また、その過程で新人とコミュニケーションを行うことになるので、会社内のコミュニケーションも活性化できるというメリットがあります。

□デメリット

*指導者の能力によってバラつきがある

ほとんどのOJT研修では、教育の専門家ではなく普段は業務を行っている人が指導することになるので、全員の教え方がうまいわけではありません。
そのためOJTに参加した人全員に十分な教育を受けされることができない場合があります。

*指導者の負担

OJTでの指導者は普段の業務も行わなければいけません。
業務とOJTでの指導を両方受け持つことになるので、かなりの負担になると思われます。

*フィードバックの欠如

上記でも説明したように指導者は通常の業務もあるので全面的に新人をフォローすることが難しくなってきます。
そのためフィードバックがなかなかできずに終わってしまうという可能性もあります。
これを解決するためには、例えば、指導者ニュアルを作成するなどして、均等に受講者に的確なフィードバックができるような仕組みを作る必要があります。

□まとめ

今回は、OJTによる人材育成のメリットとデメリットをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
人材育成に関して悩んでいる方は、今日ご紹介したことを参考にしてみてください。