日々の業務を効率化したいとお考えの方はいらっしゃいませんか?
特に会社全体を見る立場にある方は、組織の改善のために何をするべきか試行錯誤されているでしょう。
そんなときは、まずPDCAサイクルを使って改善を図ることをおすすめします。
そこで今回は、PDCAサイクルの意味やポイントをご紹介します。

□PDCAサイクル

PDCAサイクルとは、計画、実行、評価、改善という4つのサイクルをリピートしながら業務をより良くするために改善していく方法のことです。
以下でそれぞれの段階について詳しく述べていきます。

*計画

計画の段階では、まず今の業務において何が問題となっているのかを見つけます。
それから、問題解決で目指すべき目標を立て、目標達成のために何をするかを計画するまでがこの部分になります。

*実行

計画したことを実行する段階になります。
やるべきことはリスト化して着実に実行していくことが求められます。

*評価

計画して実行したことが、効果的であったかを評価します。
目標をどれだけ達成できたのか確認しましょう。

*改善

評価した後に浮き彫りになった問題点や良かった点をもとに、次につなげられる改善点を洗い出します。

□PDCAサイクルのポイント

今回は計画と実行の段階で特にポイントとなる部分をご紹介してきます。

*計画をしっかり決める

計画の段階で、目標とやるべきことを細かく明確に設定しておくことが重要になります。
これらが曖昧なまま実行に移ると、評価が難しくなります。
特に目標は数値化して、達成できたかどうかが判断可能なものにすることがポイントです。

*試しながら実行する

実行段階では、計画した内容をすべて完璧に実行するのではなく、試しながら実践することが重要になってきます。
必ずしも立てた計画が有効であるのかというのはやってみないとわからないということが少なからずあると思います。
有効であるか、無効であるかをしっかりと見極めながら、徐々に実行に移しましょう。

□まとめ

今回は、PDCAサイクルの定義、そしてそのポイント、それからPDCAサイクルを行うことでどのように業務が効率よく行うことができるのかということについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

RPAのような便利なツールをうまく使っていくためにも、PDCAサイクルはとても重要になってきます。
ぜひ、今回ご紹介したことをもとにPDCAサイクルを活かした社内教育を行ってみてください。